レクサス GS、2020年8月で生産終了…最後の特別仕様車「エターナルツーリング」発売へ


Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/nocards/visrepo.com/public_html/car/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/nocards/visrepo.com/public_html/car/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/nocards/visrepo.com/public_html/car/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/nocards/visrepo.com/public_html/car/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

レクサスは、グランドツーリングセダン『GS』の2020年8月での生産終了を発表。これに伴い、特別仕様車「エターナル ツーリング」を設定し、6月1日より発売する。

GSは、1993年の初代モデル発売以降4代にわたり、走りの楽しさと上質な乗り心地を両立させたグランドツーリングセダンとして好評を博してきた。国内では2005年のレクサス開業に伴い、3代目から販売を開始。2012年にフルモデルチェンジした現行モデルは、スピンドルグリルを初採用したほか、ドライバーが意のままにクルマを操る楽しさを追求。世界各国の道で100万kmを超える走り込みを行い、徹底的に鍛え込まれた走行性能を実現した。

「Eternal Touring:永遠の旅」と名付けられた最後の特別仕様車は、GS450h/350/300h/300 Fスポーツをベースに、レクサスの走りの象徴である“F”から継承した数々のアイテムを採用している。

 

エクステリアはグロスブラックの専用スピンドルグリルをはじめ、アルミホイール、ドアミラーやリヤスポイラーなどにブラックの配色を施し、GS450hとGS350 2WDにはオレンジブレーキキャリパーを採用するなど、力強い走りを想起させる精悍なスタイリングとした。

引用元:https://response.jp/article/2020/04/23/333941.html?utm_source=twitter&utm_medium=social

何も見つかりませんでした。

アリストはいい車でしたよね。また一つスポーツセダンの灯が消えて行く…

【アンテナサイト・まとめサイトに登録!】